• このエントリーをはてなブックマークに追加

TABIPPOとは

Message

メッセージ

TABIPPOは「旅で世界を、もっと素敵に」という 言葉を胸に、自分たちの信じる世界観を持ちながら、ひとつずつ着実に、そして日々挑戦をしながら、 事業を拡大しています。

その世界を実現するために僕らが本当に大切にしている「ビジョン」「ミッション」 「大切にしている考え」「社内制度」をこのページにまとめました。

TABIPPOは少し変わった組織ではありますが、しっかりと自分たちの想い描く世界観を 実現させながら、新しい働き方や生き方、会社のあり方にチャレンジしていきたいなと 思っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

代表取締役 社長
清水 直哉

Vision

経営理念|目指すべきゴール

旅で世界を、もっと素敵に

旅がもっと広まれば、世界はもっと、素敵になるはず。世界を旅した僕らが感じた、 共通点です。旅人の持つ強い好奇心や決断力、旅で身に付く人生を楽しむ力や、 価値観の広さ。日本を愛する心や、世界中の国の平和を願う心、 他国の人を大切にする気持ち。そして、旅はいつだって僕らを癒してくれ、 旅はいつだって僕らに刺激を与えてくれる。旅をすることがもっと当たり前な世の中になったら、 きっと素敵な人生を送れる人が増えていくだろう。そう、僕らは信じています。

Mission

経営理念|担うべき役割

若者が旅する文化を創る

旅をするのに、早すぎることなんてありません。僕らが学生の時に世界一周へ旅立ったように、 を語り、自分の想いに正直に、やりたいことがやる若者が増えればいいな、 そんなことを考えています。ただの流行りではなく、若者が旅する「文化」を創っていく、 それが僕らTABIPPOが立ち上げ当初から担う役割です。

旅で人生が豊かになる
仕組みを創る

旅する人の人生がもっと豊かになれば、旅が当たり前な世の中にもっと近づくと思うんです。 旅というかけがえのない経験を、自分の働き方や、生き方に活かせるような仕組みを 僕らが創っていくこと。そして僕らの周りにいる旅好きな人たちを幸せにしていくことが、 TABIPPOの新しい役割だと思っています。

Our Promise

大切にしてる考え

一般的な会社では「行動規範」や「社是」「コアバリュー」「規律」という呼び方をすることが多いのでしょうか? 僕らはそれを、旅人っぽく「バックパックに詰め込む僕らの約束」という名前で呼んでいます。 TABIPPOでは、僕らがどんな行動や言動が正しいと思うのか、評価されるのか、何を根拠として、 日常を生きるか、仕事に取り組んでいくのか。その方針を明文化した、僕らにとって大切なものです。

旅するように働き、
旅するように生きる

僕らが初めて旅したときの興奮を胸に、自らがまず好奇心旺盛な旅人であり続けよう。旅の刺激は新しいアイディアのキッカケとなり、想像力を膨らませてくれる。日常に非日常を求め、いつもワクワクを忘れず仕事をしよう。

大きな夢を語り、
小さな仕事を愛そう

大きな夢やロマンを掲げ、それを語り合える組織になろう。そして「神は細部に宿る」の言葉通り、大きな目標を細かなオペレーションに落とし込み、小さな業務や、ひとつひとつの約束を大切にしよう。仕事には、配慮と、そしてクリエイティビティを。

旅からブレない、領域は絞らない

旅で世界を、もっと素敵にするために、「旅」からは絶対にブレないことを約束しよう。自分たちはなんのために活動をしているのか、働いているのか、それを一番に考えて行動をしよう。そして、旅で世界を、もっと素敵にするために、「旅」の中での領域は絞らずに、チャレンジを続けていこう。

ハイコンセプト&ハイクオリティ

創りたい世界観、果たしたい目的、伝えたい想い。僕らのやることは、いつだってコンセプトを一番大切にし、人間臭さと熱量を大切にして働こう。そして、常に妥協は許さずに、クオリティの高いアウトプットを心がけることで、そのコンセプトは伝わるということを忘れずに。

主人公は自分、創るのも自分

小さな組織であるからこそ自分の意思と決断力を持って働こう。社長だって、学生だって、社員だって、インターンだって関係ない。みんなが主人公、それがTABIPPOだ。他人のせいにすることなく、「自分原因論」を合言葉に。誰かのせいにした瞬間に、人や組織の成長は止まることを忘れずに。

Be Happy & Be Positive

個人、組織の空気を常に明るく、前向きに。ハツラツと働き、生きることが周りにポジティブな影響を与えることを、ネガティブの意識や感情から前進がないことを忘れない。ただし、本音で言い合える仲間であることを前提として、言いたいことをいって、常に議論を前に向けていこう。逆境に立ち向かう精神力と空気を、自分たちで創れる、最高にHappyでPositiveな個の集合体に。

詳細を見る

In-House System

社内制度

「旅」を軸としたTABIPPOだからこその、僕らっぽい、オリジナリティがあり、ユニークな社内制度がたくさんあります。これらの制度は、ただルールがあることだけには意味はなく、働くメンバーそれぞれが自分たちが大切にしたいことをどれだけ腹落ちしているのか。そして、なんのためにこの制度があるのかを理解しているのかが、大切だと思っています。旅を広めるために、そして僕らが新しい働き方や生き方にチャレンジしていくために、これらの制度はあるのです。

旅をするなら
いつでも休んでよい制度

旅を広める会社で働いている僕らが、旅をしていないなんて、そんなカッコ悪いこと他にないと思います。だから、僕らはいつでも世界中を、日本中を旅できるように、旅をする時はいつでも会社を休んでもよいというルールを作っています。僕らの日常には、もっと当たり前のように旅で溢れていられるように。もちろん、オフィスにいないことが多かったら、大変なことも多いです。でもそれ以上に、僕らが目指す新しい働き方と生き方を実現できるように、日々試行錯誤をしながらチャレンジを続けていきたいなと思っています。

旅するように働き生きる人を
評価する制度

TABIPPOは、旅するように働いて旅するように生きているメンバーを評価すると決めています。もちろん、仕事で成果を出すことや、目標を達成すること、自分たちのやりたいことを実現して形にすることは大切です。でも、旅をしてなかったら、それはまた違うなーと、本気で思っています。仕事で成果を出すのは当たり前、それを旅するように働きながら実現をする。それがTABIPPOの社内では一番カッコいいと思われて、評価されていくような会社にしていきたいです。

旅するオフィス制度

僕らには「毎日必ずオフィスに出社しないといけない」というルールはありません。旅するように働き、旅するように生きる、そんな働き方を実現していくために、メンバー各自が自分で毎日働く場所を選ぶことができます。これを僕らは「旅するオフィス」と呼んでいます。アイデアに行き詰まった時には、海沿いで潮風にあたりながら仕事をしても良いかも知れませんし、ちょっと集中してやりきらないといけないことがあればお気に入りのカフェに篭っても良いかもしれません。良い仕事をするために、自分で場所や環境を選んで働けるようになっていきたいなと思います。

3ヶ月に1度の社内表彰制度

四半期に一度、上記の評価制度など紐付いた形で社内の表彰をしています。人は、誰だって努力を認められるのは嬉しいものです。表彰の賞品はもちろん「航空券」

3ヶ月に1度の旅する合宿

合宿だって、旅っぽいことをしたいですよね。千葉県の金谷、海沿いの合宿所でMTGをしたり、アジフライを食べたり。奥多摩でキャニオニングしたり、そんな合宿がTABIPPO流です。

旅がしたくなる名刺

TABIPPOの名刺には、自分が旅をした国が世界地図に色塗られています。旅をすればするほど塗られていく世界地図。名刺交換した人と「次は◯◯を旅したいんですよぇ」そんな会話をして、また旅に出くなったりする名刺です。

詳細を見る

Overview

会社概要
社名 株式会社TABIPPO (英語表記 : TABIPPO, inc.)
代表取締役 清水直哉
設立日 2010年4月10日 任意団体設立
2014年4月10日 株式会社TABIPPO設立
所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目36−6 代々木駅前ビル9F
資本金 2,000,000円
ビジョン 旅で世界を、もっと素敵に
ミッション 若者が旅する文化を創る 旅で人生が豊かになる仕組みを創る
事業内容 イベント事業
メディア事業
マーケティング事業
プロダクト事業
キャリア事業
その他、講演活動など