• このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_5366
IMG_5366

TABIPPOの妊婦がどうしても行きたかった場所。

TABIPPO初の妊婦、現在妊娠8ヶ月のさちよ(@sachilenita)です。お腹の赤ちゃんもすくすく育ち、7月からは産休に入ります。子供が生まれる前に旅行へ行きたいと思い、行き先を金沢に決めました。

どうしても行きたかった金沢

「金沢へ行きたい!」と思う前に、「ネットでみたあのプールに行きたい!」と思ったのが先でした。21世紀美術館にある、レアンドロ・エルリッヒ氏による、スイミング・プール。

写真を初めて見たときに、なんだここ!行ってみたい!すごい!と思い、今回どこへ行こうか考えたときに思い出したのが金沢へいく決め手でした。

ずっと行ってみたかったスイミング・プール

金沢に着いて、まず向かったのが、もちろんこのプール。

IMG_5211

なんとこのプール、濡れることなく、水中に入ることができちゃうんです!!!

ある意味、水中マタニティフォトが撮れます。笑

IMG_5366

このプールどうなってるの???

IMG_5379

上から見るとこんな感じ。

 

実は、透明のガラスの上に約10センチの水が張られているだけなんです。

この感覚、ほんと面白かったです。小さい頃から見慣れているはずのプールなのに、誰もが不思議に思いながらこの作品を楽しんでいました。

 

きっかけはアート作品

プールの存在だけを知っていて、どこにあるかも知らなかったのですが、このプールをきっかけに金沢のことを知って、ここを一番の目的として旅行に行きました。

その場所に、行きたいところが一つあるだけで、その土地に興味を持って、他の場所にも訪れる。そのきっかけが、アート作品であることってすごい。

IMG_5224

 

あたりまえの日常に刺激を

21世紀美術館のサイトのスイミング・プールの解説にこう書いてありました。

「…あたりまえの日常の感覚を揺さぶるとともに、一旦仕掛けに気づいた人に作品との積極的な関わりを促し、さらには、見る人同士の関わりをも生み出すことになるでしょう。」

きっとこの感覚って旅にもあると思うんです。初めて訪れる土地に行った時、そこに住む人たちにとってはあたりまえの日常なんだけど、訪れる人にとっては感覚を刺激してくれる場所。そして新たな出会いが生まれコミュニケーションをすることで、そこの魅力をもっと感じる。

IMG_5214

ここに行ってみたい!ときっかけを与えることを、言葉やデザインで伝えれるようになりたいです。

金沢、ここのプール以外も魅力がいっぱいなのでぜひ訪れてみてください♪