• このエントリーをはてなブックマークに追加

メンバー紹介

プロダクトディレクター
アラサーでも世界一周
中 美砂希

生まれた年は内緒。三重県出身。大学時代に高橋歩さんの本がきっかけで世界一周が大きな夢となる。卒業後は兵庫県の旅館に就職。心配性・体力なし・語学もできない・かなりの方向音痴。それでも世界一周はできることを証明するため、2013年12月より世界一周に出発。「世界の絶景をこの目で見る」をモットーに33ヶ国を訪問。帰国後は1人でも多くの人が旅への一歩を踏み出してくれることを願いTABIPPOライターに。2015年TABIPPOファンからチームに仲間入り。

メッセージ

ちゅうやんって呼んで下さい!人見知りですが、仲良くなると心めちゃくちゃ開きます。モフモフしているものが好きで、新婚旅行でウユニ塩湖に行く事、オーストラリアでウォンバットをこの手で抱っこするのが夢。「旅のきっかけはTABIPPO!」って言ってくれる人をもっともっと増やしていきたいな。

訪れた国は?

  • アメリカ
  • アラブ首長国連邦
  • アルゼンチン
  • イギリス
  • イタリア
  • インドネシア
  • オーストリア
  • カナダ
  • 韓国
  • カンボジア
  • ギリシャ
  • クロアチア
  • スペイン
  • スロベニア
  • セルビア
  • タイ
  • 台湾
  • チリ
  • チェコ
  • トルコ
  • バチカン市国
  • パラグアイ
  • ハンガリー
  • フランス
  • ブルガリア
  • ベトナム
  • ペルー
  • ベルギー
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • ポーランド
  • ボリビア
  • ポルトガル
  • メキシコ
  • モロッコ
  • ラオス
  • 日本

Interview

旅の質問

Q. 旅に出て感じたことは?

A . 日本はあまりにも恵まれているということ。入国時にビザを必要としない国が多いことも、世界一周を夢にしてそれが実現できることも、それは私たちが日本に生まれたから。明日どう生きていくのかを考えたり、女性だからという理由で旅ができない人たちもいるわけです。私たちが当たり前のように暮らしている毎日は、当たり前ではないこと。日本を離れて肌で感じることができました。

Q. お気に入りの国は?

A . クロアチア!魔女の宅急便の舞台になったとも言われているドブロブニクや、ハートのモチーフが街に溢れているザグレブ、エメラルドグリーンが美しいプリトヴィッツェ国立公園など、見所たくさん!海岸沿いを走るバスや電車の中からは、キラキラと輝くアドリア海の絶景が広がります。

Q. 何でちゅうやんなの?

A . 旅館で働いていた時、班の中で私だけあだ名がなかったので、先輩にあだ名をつけて下さい!とおねだり。次の日には「ちゅうやん」と命名してもらいました。電波少年のチューヤンとは無関係です。