• このエントリーをはてなブックマークに追加
S__24690705
S__24690705

ハタチの専門学生が春休みに41日間も旅をした理由

こんにちは!専門学校の春休みが始まるが早々、41日間の旅に出てようやく帰ってきたTABIPPOインターンななです。(バリのビーチの夕日の綺麗さにはしゃいでる私)

S__25264131

前回は初めてのブログということで簡単な自己紹介とTABIPPOで働くとこになったきっかけを書きました。詳しくはコチラ!

ブログ2回目の今回は東南アジアを旅して感じたことを私なりに紹介していきたいと思います。

アジアンガールになりたくて

今回旅先に選んだのは東南アジア。理由はアジアが好きだから。(好きにそんな理由はいらないと思ってる生意気なハタチ….)それに自分自身もアジア人だし、いろんなものを見て聞いて、肌で実際に感じたい!と思ったから。どこへ行っても現地人と触れ合うのが私の旅のスタイルです。おかげで今回もいろんな国に多くの友達ができました。

ざっくりルートはこんな感じ。

成田(日本)→バンコク(タイ)→ホーチミン(ベトナム)→ダナン→ホイアン→ハノイ→ルアンパバーン(ラオス)→シェムリアップ(カンボジア)→バンコク→クアラルンプール(マレーシア)→アロースター→ランカウイ島→リペ島(タイ)→トラン→バンコク→バリ島(インドネシア)→ウブド→バンコク→成田→台北(台湾)→成田

あまり計画は立てず、現地で前日にLCCの航空券を予約したり、そんなことができるのも物価の安いアジアだからこそです。

Untitled-9

出会いがあるから旅をする

今回の旅の一番の目的は去年の夏、バンコクの空港泊で1人だった私にパンをくれたり、行きたい駅まで空港から送ってくれたりと沢山親切にしてくれたベトナム人の友達にもう一度会ってあの時の感謝をちゃんと伝えること。(去年の私はあまりに英語が話せなくて相当心配してくれたみたい…後で聞いた話)

そんな友達に会いに行くため初めてのベトナムへ。どうせ行くなら月に一度行われるホイアンのランタン祭りにも行きたいな、なんならTABIPPOメンバーイチオシのラオスにも行こう。なんなら行きたいところ全部行こう。(自分の感情に素直な人間です)

そんな流れで行きたいところに全部行く私の東南アジア冒険Travelが決まりました。

心通じるベトナム

FH010022

ベトナムは観光地を少し離れれば英語が通じない、ベトナム語オンリーなんてことも多々ありました。でもそんな状況でもお腹が空いた私をご飯に連れて行ってくれたタクシーの運転手さんや、屋台でたまたま隣の席で声をかけてくれた現地の大学生、最後はベトナムコーヒーまでご馳走してくれたり。

言葉が通じるに越したことはありません。でもそれを理由に旅に出るのを躊躇する必要はないと強く感じたのがベトナムです。言葉より大切なのは、自分の思いを相手にどれだけ伝えたいかの気持ちだと私は思います。

S__24690691

そしてベトナムをホーチミンから北上して、目的の地ハノイへ!久しぶりに会えた友達とは以前よりほんの少し英語力がついたおかげで、ほぼ困ることなく会話ができました。ハノイの夜をバイクで駆けまわりローカルなところへ沢山連れて行ってもらいました。現地に友達がいるって素敵です。その地が何倍も好きになれます。

S__24690698

癒やしを求めるならラオスで決まり

ゆったりと流れる時間、沢山の自然に囲まれたルアンパバーンへ。信じられないほどエメラルドグリーンのクアンシーの滝へ行ったり、早朝の托鉢を見に行って観光化する伝統の今のあり方に疑問を感じ、沢山のことを考えたり。心休まる時間をその地で出会った仲間と過ごしました。

S__24690701

S__24690702

FH010003

今回も、もちろん使い捨てカメラ「写ルンです」を持ち歩いて旅をしてきました。詳しくはコチラ!日々の写真をあげてるinstagramも是非チェックしてください!

沢山のバックパッカーに出会えるカンボジア

バンコクと同じくらい日本人バックパッカーが集まるのが、アンコールワットのあるカンボジア、シェムリアップです。日本人ゲストハウスも多くあり、様々なツアーもほぼ毎日行われています。時には旅先で日本人と出会い旅の情報交換をしたり、帰国してまた日本で会う約束をしたり。旅の楽しみ方はいろいろ。

S__24690706

S__24690705

いつだって優しさ溢れるタイ

S__24690730

私の大好きなバンコク。去年初めて海外デビューしたのに気が付けば今回の旅も入れ、すでに8回入国しています。そんなタイに帰ってくる度(勝手に第二の母国)不思議なくらいの安心感に包まれます。屋台のおばちゃんのご飯が一番安くて美味しい、アジアの醍醐味ですね。

S__24690708

S__25288706

今回私はタイとマレーシアの国境に近い島へ。まさか船に乗りながら国境を越え、太陽ギラギラの砂浜の上で入国審査をするとは思ってもいませんでした。いい経験になりました。それにしても海が綺麗過ぎる!リペ島ともう一つ人口たったの約70人の島へ。島を散策していたらその地に住むイタリア人に出会い、そのまま透き通る海で一緒にシュノーケリングをしたり。島のみんなと仲良くなって、絶対また行こうと思う場所がまた一つ増えました。

S__24690709

S__24690710

島からはタイ本土へ移動し、16時間かけて寝台列車でバンコクへ。2等寝台列車は驚くほど快適でした!社内で販売しているおばちゃんのガパオが美味しかった!

S__24690707

南国の太陽求めてバリ島へ

バンコクへ戻って、今度はインドネシアはバリ島へ行きました!自分のタフさに驚き、時々呆れます。バリはTABIPPO学生スタッフであり高校時代一緒にラクロスで全国制覇を目指した一番の親友のKEIと共に!実は前から彼女のハタチの誕生日はバリで!なんて軽い口約束をしていたのですが、それが現実へ。

バリは空が広くて夕日の綺麗な島でした。

FH000015

S__24690718

彼女のハタチの誕生日は、仲良くなった地元のバリ人のみんなの協力もあって大成功!実はケーキまで地元の人が買ってくれて、バリの自然も人も大好きになりました。

FH000018

FH000010

S__24690721

S__24690713

ハタチの私が旅で何を感じ、何を思うか

気が付けば7カ国、それぞれ国によって異なる文化、同じ国でも北と南では異なる発音や顔立ち、昔どこの植民地だったかで感じる様々な街の雰囲気、流れる空気、食べ物。

知らない地に自分の足で踏み入ることによって、ガイドブックにもネットにも載ってない、「人の体温」と「風の匂い」を感じることができる。世界中には旅に出たからこそ感じれる、そんなモノが沢山散りばめられいます。

たまたま巡りあった世界中の人々と、同じ景色を見て同じ感情に浸ることもあるし、真剣に将来の話やそれぞれの国の問題について話すこともある。日本にいたら出会えなかったであろう人と想像もしなかったことを、世界のどこかでビールを片手に話す。

旅をして人生が変わるというのは大袈裟だけど、確かに世界の見え方が変わります。自分の生まれ育った国以外に初めて行ってみて、新しいセカイを感じた時、改めて地球に生まれたことを実感し、日本人に生まれてきた奇跡と、その最高の環境に気づけます。旅に出ると、予想だにしなかった出会いと、予想だにしなかった展開が待っています。

そんな旅が好きな私は、ずっとずっと旅人でありたいと、旅に出れば出るほどに思います。

S__24690714

今回のブログを読んで下さった方の中で、一人でも多くの人に「海外に興味が湧いた!」・「旅に出たくなった!」っと思っていただけたら嬉しいです。またそんな思いでこれからも学校に通いながらTABIPPOインターンとして働いていきます!

TwitterFBはこちら!

have good one!
Nana.