• このエントリーをはてなブックマークに追加

【2019卒】旅が大好きで、TABIPPOの新しい文化を創ってくれる新卒第1期生を募集します。

こんにちは。TABIPPO代表の清水直哉です。

2014年4月にTABIPPOが法人化して以来、あっという間に4年が経過しました。

そして、法人化してまるまる5周年を迎える2019年4月。そのタイミングから僕たちと一緒に働ける「新卒社員」を募集することになりました。

現在の社員数は13名。その中に新卒入社のメンバーはゼロです。つまり、今回入社するメンバーがTABIPPOの「新卒第1期生」となります。

なぜ、新卒採用をやるのか。

今回の新卒採用をスタートする前に、社内でたくさんの議論を重ねました。なんでこのタイミングからやるのか、中途採用じゃないのか、やるメリットはなんなのか?そんなことを考えました。

正直な話、新卒採用にはデメリットもたくさんあります。僕らみたいな小さい会社にとっては当たり前に選択できる採用手法でもありません。

例えば、社会人としての基本をイチから教えないといけないですし、僕らが当たり前にやっている、思っていることは新卒社員にとっては当たり前じゃないことも多いでしょう。

中途採用の方が、スキルもあるかもしれないですし、即戦力として活躍もしてくれるかもしれません。

それでも僕らが「新卒採用をこのタイミングからやっていこう!」そう決めたのには、僕らなりの強い意志と理由があります。

それは、下記の2つです。

①自分たちの文化を次世代に継承していきたいから

僕らTABIPPOには、僕らならではの信条・文化(カルチャー)があります。他とは違う空気感だったり、決めごとだったり、向かう方向性だったり。そんな、いまある文化をアップデートしていくのは、いつだって新しい時代の若い人たちだとおもうのです。

もう、代表である僕自身も今年で30歳になってしまいました。創業メンバーも、これからどんどん30歳を超えていって、社会からみると「おっさんの集団」にどんどんなってしまうのでしょう。

そんなおっさんの僕らだけではなく、若い世代の人たちと一緒に新しい価値観や文化を作っていくために、いま僕らがもっている信条・文化を継承していきたいなと思っています。そのための、新卒採用です。

②若さが生む熱量と可能性を信じているから

諦めずに挑戦すること、可能性を信じることが、僕らの基本スタンスです。だからこそ、若い人たちが生むことのできる熱量を、成長の可能性を、とことん信じています。

もともと僕らは学生の時から活動をスタートさせていまし、学生たちと一緒に事業・活動をすることは今でも続けています。若いからこそ挑めること、挑戦できることがたくさんあるはずです。その力を、僕たちに貸してもらいたいなと思っています。

こんな人を採用したい

僕らの会社には、理念に共感しているということを大前提として、色々なタイプの人が働いています。

例えば、前に立って引っ張っていくリーダーシップはないけれども、フォロワーシップを発揮してみんなを支えている人。マネジメントは苦手だけれども、自身の専門分野にてスキルを高めて会社に貢献している人。逆に、細かい作業は得意じゃないけれども、全体の戦略を立てたり企画をするのが得意で、みんなの先頭に立って引っ張れる人。

多様性を大切にしているので、いろんなタイプの人材がいるのです。

ただし、今回採用をしたいのは「超自律×リーダー気質な旅人人材」

「超自律」というのは、受け身にならずに主体的に行動ができ、責任感のある人材であるということです。働き方や生き方に自由を求めるからこそ、僕らはとにかく自律している人材であることが1番大切です。

「リーダー気質」というのは、人の先頭に立ってみんなを引っ張ることや、巻き込んで推進力が発揮できるということです。だれかに引っ張られたほうが活躍できる人ではなく、周囲にポジティブな影響を与えて引っ張っていける人材がいいなと思っています。当然先輩社員をも差し置いて先頭で引っ張っていってくれることを期待しています。

新卒採用・第1期生となるからこそ、まわりに言われたことだけをやる人ではなく、受け身になるような人ではなく、自らが自分の行動で、自分の進むべき道を開拓していけるメンバーとして入社してもらいたいと思っています。

イチから一緒に会社を作り上げてくれる人 を探しています

まず、大前提としてTABIPPOはベンチャー企業です。2014年4月に設立してまだたったの4年。従業員も増えて、オフィスもできましたが(最初はなかった、自分たちで作りましたw)、一般的な会社と比べたら赤ちゃんみたいな会社です。なので、会社に安定などを求めるのではなく「一緒に会社を作っていく」意識を持ちながら働いてくれる人と一緒に働きたいです。

正直、まだまだダメなところばかりです。もっとこうしたほうがよい、こうしないといけないという議論が毎日のように働いているメンバーのなかで飛び交っている状態です。それでも、そんな状態を楽しんで、一緒に未来のTABIPPOを作っていける人を求めています。

むしろ、そういう意識になれない人、そんな環境を楽しめない人が入社しても、お互いに「幸せ」にはなれないです。

安定を求めたいなら他にも大企業で福利厚生の制度が整っている会社はたくさんあると思います。受け身になった方がラクならば、もう会社としてのオペレーションが確立されている企業にいく方がよいと思います。

そうではなく、イチから会社を作り上げていきたいという気概をもっている人、旅を広めるという壮大なビジョンに強く共感をしてやりがいをもちながら働ける人、自らで自らの道を開拓しにいける人が、僕らと一緒に働くことで「幸せ」になれる人だと思っています。

そして、もう1つ。「自由」な働き方を追い求めているということを発信すると必ず誤解をされることがあります。それは「自由」というのは「ラクなこと」だと思われることです。実は、それは違います。

自由を得るのは大変です。負荷がかかるし、ストレスもかかります。

例えば、毎朝9時と決められた時間に出社するのは、頭をつかって考えなくても良いのでラクな行為なのですが、毎朝何時に出社してもいいし、どこで出社してもいいし、何をやってもいいと言われると、頭を使って考えないといけません。そしてすぐにサボれるんです。

組織として自由を得るためには、働く人それぞれが「自律」をしていることを大前提としているため、責任感のある発言と行動が必ず必要ですし、働くメンバー感での「信頼関係」を養う必要があります。だからこそ、自由を得るのは大変なことなのです。

ラクだと思って自由に憧れる人、そしてそれを人任せに手に入れたいと思っている人。たぶんそんな人には僕らの会社は向いていないんじゃないかなぁと思っています。

これを読んだ上でもTABIPPOに興味がある人は、ぜひエントリーをしてもらえたらと思います。TABIPPOに入ってみると「隣の芝は青く見える」ということをすごく実感すると思います。友達が就職した会社、メディアで取り上げられている会社、他の会社の方が整ってることや恵まれていることが数え切れないほどあるからです。

その「芝を自らの意思で青くする」覚悟と気概のある人を、お待ちしています。

TABIPPOってどんな会社なの?

よく周囲の方によく聞かれる質問です。TABIPPOは世界一周を経験した旅人たちが、旅の魅力を広めるために作った会社です。働いているほとんど全員が世界一周の旅を経験していて、2014年4月に株式会社になりました。

「旅で世界を、もっと素敵に」を理念として、たくさんの人に旅を広める活動をしています。観光庁が主催する「若者旅行を応援する取り組み表彰」にて、日本で初めて2度の奨励賞を受賞しました。

*観光庁から表彰された時の1枚
th_IMG_0021

どんな事業を展開しているのか?

僕らTABIPPOは「旅」を軸にしながらも領域を絞らずに、「Travel Community Platform」として、 現在は5つの事業を展開しています。

リアルな熱量をもって旅の魅力を伝えるための「イベント事業」、たくさんの人にWEB上で旅するキッカケを 届けるための「メディア事業」、旅人との共創をコンセプトとしたブランドPAS-POLを展開する 「プロダクト事業」、旅する若者の就職や転職、人生のサポートを行う 「キャリア事業」、そして パートナー企業のマーケティング課題を解決するための「マーケティング事業」の5つです。

なんのために会社をやっているのか?

僕らが世界一周をして、旅から帰国して感じたこと。それは「もっとたくさんの若者に旅をしてほしい」という、シンプルな想いでした。

th_DSC_0663
「旅で世界を、もっと素敵に」

この言葉をビジョンとして「若者が旅をする文化を創る」こと、そして「旅で人生が豊かになる仕組みを創る」こと。 そうすることで、僕らが生きるこの世界をちょっとでも素敵なものにしたいと、信じて活動をしています。

ビジョンの力でビジネスを加速させていき、ビジネスの力でビジョンを実現していく。そんなことを考えながら経営をしています。

ユニークな制度/ルールや考え方

創業メンバーや、一緒に働くメンバーたちが持つ「自分たちが理想だと思う組織を作ろう」という強いこだわりと想いを、少しずつ形にしながら経営をしているのもTABIPPOの特徴です。ルールや制度も代表や創業メンバーで決めるのではなく、インターン生を含めたメンバー全員が主体となって考案し決めています。

もちろんトップダウンで上から決めてどんどん進めていくことに比べたらスピード感は若干落ちますが、その分自分たちが会社を作っている意識を持って働くことができ、みんなが会社経営に当事者意識を持てると考えるからです。

旅するように働き、旅するように生きる。

旅を広める活動をしている僕らが、大好きな旅をすることができていないのは違うと思っています。そこで、TABIPPOでは「旅するように働く、旅するように生きる」という合言葉を働き方と生き方の指針として掲げています。

具体期には「場所と時間に縛られない働き方」を実現するために、下記①〜③のような制度を作っています。

制度1)旅するならいつでも会社を休める制度

「旅をする」という理由なら、国内外問わずにいつでも会社を休むことが出来ます。夏休みやGW、年末年始でないと旅が出来ないということはありません、会社としても、働くメンバーが旅をするために会社を休むことを100%、全力で推奨しています。ただし、大前提としては一緒に働く人との信頼関係やチームワークが重要です。

制度2)好きな場所と時間を選んで働ける制度

オフィスに出社しなくてもよく、勤務時間も人それぞれ自由に設定することが出来るという制度です。自身が最適だと思う働き方をその時々で選びながら働くことができます。基本は平日出社土日休みですが、それを変更する働き方も可能です。もちろん、こちらの制度も大前提としては一緒に働く人との信頼関係やチームワークが重要です。

制度3)多様な働き方の選択

働くメンバーそれぞれの価値観やライフスタイルにあわせて、自由に働き方を選択ができる制度です。選んだ働き方は全員でオープンに共有をして、お互いの働き方に理解を示しながら働くことができます。労働時間を長くとりたい人や短くしたい人、オフィスで働きたい人や、自宅勤務やリモートで働きたい人、家庭がある人、子供が出来た人、さまざまな働き方の全てがTABIPPOでは実現ができます。

また、ここでは書ききれないのですが、「個人の理想が実現できる組織である=個人にとっての理想を追い求め続ける」ことや、「社会に愛される最高のチームである=社会にとっての理想を追い求め続ける」ことも追い求めて組織経営をしているのが特徴です。

募集要項

職務内容

本人の希望や適性、会社の状況などを見ながらの判断とはなりますが、企業に対して提案/営業活動を行う「マーケティング事業」か、旅人の就職/転職支援サービス 旅人採用を運営する「キャリア事業」で働いてもらうことになる可能性が高いです。詳しい業務内容などが気になる人は、選考の中で聞いてみてください。

応募資格

【必須条件】
・2019年4月に入社し、一緒に働ける人
・世界一周をしたことがある、もしくは入社までに世界一周ができる人

【マインド】
・旅が好きで、旅を広めたいと思っている方
・TABIPPOの理念に共感できる方
・自ら主体的に行動が出来る方
・問題を他人のせいにせず自らが周囲を変えていける方
・公私混同した働き方と生き方がしたい方

求人条件

■雇用形態
・正社員としての採用となります

■勤務時間
基本:10時00〜19時00分 (実働8時間)
*ただしルール上自由に時間を選択できることになっています

■給与体系
・月給 230,000円〜

■勤務地
基本:東京 渋谷オフィス
-JR渋谷駅 徒歩10分

■昇給に関して
【昇給】1〜4回/年
四半期に1回、評価などに応じてしっかりと相談しながら、給与が適正かどうかなど見直しをします。

■賞与に関して
【賞与】1〜2回/年
TABIPPOでは業績連動型の賞与としています。半期毎、もしくは年度毎に業績を鑑みた上で賞与が従業員に配分されます。配分率などは本人のグレードや評価などに準じる形となります。

■諸手当など
◇昇給あり
◇賞与あり(業績連動型)
◇各種社会保険完備(健康保険/介護保険/厚生年金/雇用保険)
◇交通費全額支給
◇社員合宿/旅行(年2-3回)
◇産休・育児休暇あり
◇副業容認
◇PC購入補助(使用から3年以上が経過した場合のみ)
◇リモートワークあり
◇出社時間自由
◇働き方の選択制度
◇旅する休暇(旅をするならいつでも会社を休んでよい)
◇平日休暇・休日出社あり
◇年末年始休暇
◇慶弔休暇
◇有給休暇
◇ハネムーン休暇
◇イベント参加/振替休日

選考について

今回の新卒採用ではいわゆる「説明会」は行いません。グループディスカッションなどの「学生が集まる機会」もありません。申し込みフォームが1次の書類審査になっており、通過した方から随時個別の面接を行っていく選考方式を取っています。ですので、自分の好きなタイミングで申し込みをして頂いて構いませんし、面接の日程も自分で決めてください。逆に、早く申し込んで頂いた方から順番に選考を行っていくので、早期に採用枠(定員)が埋まってしまう可能性もございます。予めご了承ください。

また、僕たちはまだまだ小さなベンチャー企業で、人事や採用を専門に行っている人もいません。新卒採用にかけられる時間やパワーも限られているというのが現実です。ですので、直接お会いしてお話しできる学生の人数にも限りがありますし、せっかく会った方とは限られた時間内でできるだけ多くのことが知りたいと考えています。そのため、書類審査フォームの内容をかなりヘビーなものにさせて頂きました。

あなたのことを詳しく教えてください

これまでのみなさんの人生や経験してきたこと、そこで学んだことや身につけたスキル、就活における軸などを詳細に書いてもらう欄があります。いわゆる「自己分析」というやつですね。そこがまだまだ甘い人は、他の会社の選考を受けてみたり、周りの人と話したりすることで「自分を見つめ直す時間」を取ってから書いてもらった方が、通過の可能性は上がると思います。特に、TABIPPOはまだ10人ちょっとのベンチャー企業です。ベンチャーで働くとはどういうことなのか、どんなメリットやデメリットがあるのかなどは、他社の選考やセミナーなどを通してある程度は理解してもらっておいたほうがいいかもしれません。

TABIPPOについて考えてもらいます

TABIPPOの事業や組織について考えて書いてもらう欄もあります。説明会をしていない中で申し訳がないのですが、できる限りTABIPPOのことを調べたり知ってもらった上で、それでも選考を受けてみたい!と思った方に応募してもらいたいと思っています。参考までに、いくつか記事をピックアップしましたので、ぜひ興味のあるものを読んで頂ければと思います。

◯TABIPPOで起業して2年が経ちました。4月10日の創立記念日に、いま思うこと(清水直哉)

◯会社が潰れず良かった3年間。TABIPPOが創設3周年となり、いま思うこと(代表:清水直哉)

◯IT系上場企業で最年少マネージャーになった僕が教える「新入社員が活躍する」ための12の心得(初級〜上級)

◯TABIPPOのインターンで一番劣っている僕が感じたことを赤裸々に語ります。

◯地球の裏側から日本と仕事をする生き方

◯新しい働き方のチャレンジ。もうすぐ1歳になる息子を連れて、全社合宿に参加した理由。

◯「旅するように働き、旅するように生きる」 ― 人生のしあわせと多様性をつきつめて出会ったのがリモートワークだった。

◯70万円で世界一周したら人生かわった!TABIPPO代表に聞く「世界一周のススメ」

「課題」を提出してもらいます

最後に、1次審査の内容には「課題」があります。自分の一番オススメの国をプレゼンし、その様子を動画に撮って送ってもらう、というものです。なかなか文字だけでは判断できないような、その人の雰囲気や人となり、プレゼンの能力などを見させて頂ければいいなと考えています。

以上を踏まえて「応募してみたい!」「話を聞いてみたい!」と思われる方は、以下のフォームよりお申し込み下さい。エネルギーあふれる、おもしろくて旅が大好きなみなさんからのご応募を楽しみにお待ちしております!

※今回は新卒採用のみの募集になります。中途採用での応募をご希望の方は、こちらからお申し込み下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加