• このエントリーをはてなブックマークに追加
14787704_10205551377102954_1302856596_o
14787704_10205551377102954_1302856596_o

九份にも台北101にも行かず、ただひたすらに食べまくった話

新婚ホヤホヤ、TABIPPOの小泉翔です。

先日、プライベートの友達2人と、台湾に行った。
バニラエアのセールで往復12,000円。
2泊3日の弾丸旅行、ぶらり男3人旅。

14689112_10205551376302934_697715021_o

会社を辞めて世界一周の旅に出るアユムと
フリーランスで人材の仕事をしてるクニと
自称オシャレメガネの僕だ。

台湾といえばそう、千と千尋の神隠しだ。
そして首都台北にそびえ立つ台北101からの夜景だ。

しかし3人中、僕含め2人は台湾初心者ではなかった。
日本は民主主義国家だ。多数決の原理だ。

2回目の九份を拒む人間が過半数を締めた。
台北101の夜景を望む人間がマイノリティーの世界だ。

僕らは食にしか興味がなかった。
そう、台湾と言えば、食だ。

台湾桃園国際空港に到着し、台北市街へ向かう。
バスが安い。1時間の距離で600円くらいだ。
1人が空港で使用容量無制限のSIMフリーを購入、
テザリングでLINEもGoogle MAPも使える。

「台湾着いたよー」なんて嫁にLINEを入れる。
「ほーい」くらいの軽い返信が来る。
東京から静岡に出張したくらいのノリだ。

市街に着くと初っ端から最大の目的地へ向かう。
うまそうな飯屋だ。
まずは魯肉飯だ。

14796078_10205551376342935_202255581_o

東坡肉(ドンポーロー)と読む。
事前に調べておいた有名な店だ。

角煮がドカっと米に乗ってる。200円くらい。
分厚い肉に箸を入れるとスっと切れるくらい
トロットロに煮込んである角煮だ。

行儀悪いくらい米とぐちゃぐちゃに混ぜて頂く。
うまい。非常にうまい。なんというか、うまい。

14799857_10205551376382936_827365998_o

無心で食う。会話は「くそうまくね?」しかない。
大好きな映画「君の名は。」のセリフを借りると
それはまるで夢のように、ただひたすらに、うまかった
ソレ以外の言葉で表現できない。

台湾の食と言えば、小籠包だ。
小籠包(ショウロンポウ)と読む。

TABIPPOでもRETRIPでもFIND TRAVELでも
小籠包の美味しいお店まとめはたくさん出てくる。

2店舗ハシゴしたけど、まじでうまい。
小籠包と呼びつけするのが申し訳ないうまさだ。
小籠包パイセンだ。

14787704_10205551377102954_1302856596_o

小籠包パイセンにちょぴっと醤油を付けさせて頂き
レンゲに乗せさせて頂く。皮にプリっと箸を入れ
溢れ出る肉汁も逃さない。

1個頂くごとにレンゲに収まったパイセンに会釈し
ひと口で頂く。

至福のときだ。
結局1人2皿(20個ずつ)頂いた。

夜市にも行った。
虫とかアヒルの顔とかそういうのもたくさんある。

14625707_10205551376462938_310888800_o

まあ美味のジャンルではない。経験としては面白い。

飯以外の楽しみといえば、やはりマッサージだ。
もちろん全身マッサージや足裏が人気だが
台湾式シャンプーが最高に気持ち良いという情報を仕入れた。

14796184_10205551376702944_1414668886_o

観光地は訪れないが、何事にも挑戦する気概だ。
小林髮廊(シャオリン ファーラン)と読む。
頭皮のマッサージと思ってくれればよい。らしい。

結構これは緊張する。
別に潔癖症なわけではないが、若干清潔面も気になる。
それは完全に偏見なのだが、やはり不安だ。

しかしそんな不安をよそに、シャンプーが始まる。
座ったまんまのシャンプーだ。

気持ち良い。お姉ちゃんたちがガツガツやってくれる。
シャンプーというよりまさにマッサージだ。

「うおー!ひぇー!気持ちいいいいー!」
なんて騒ぐからか、お姉ちゃんたちも楽しそうだ。
ぺちゃくちゃ3人ながらマッサージを続けるおねちゃんたち。

 

14787495_10205551376782946_822984932_o

 

完全に遊ばれている。

 

14796018_10205551376862948_223665040_o

結構かわいく仕上がっている。
なんだかんだで1時間くらいのサービスを受けても
1人1000円くらい。安い。大満足だ。

さて、夜はもちろん、居酒屋だ。
特に、地元の人しかいない店だ。
外国人用の英語メニューなんて必要ない。
他のお客さんがほうばってるうまそうな飯を指差して
「あれ!あれ2皿!」って言えば伝わる。

旅ってそんなもんだ。

14786891_10205551376582941_691734630_o

14796059_10205551377062953_1949720923_o

14807893_10205551376262933_1853401929_o

とにかくひたすらいろんな店をまわった。
回鍋肉や空芯菜みたいに知ってるメニューから
見たことのないような炒め物や揚げ物まで
とにかくうまそうなものはひたすら頼む。

そして2人はめちゃくちゃビールを飲む。
僕は全く持って酒飲めないキャラなのだが
せっかくの台湾だし!と気合いを入れる。

あっさりしてる台湾ビールだが、飲み過ぎはいけない。
宿までの帰路はコブクロを熱唱するくらいには
気持ちよく酔っ払って1日を終えるわけだ。

2泊3日はあっという間だった。
食べて、飲んで、食べて、食べて、飲んで、食べて。

毎日毎晩3人で腹抱えて笑っていた。
酔っ払って笑い転げたネタを携帯にメモってたんだけど
あとから見返すとビックリするほど面白くない、あれだ。

実はこの旅、すべての会計の支払い者を
オトコギジャンケンで決めていた。
僕はずっとiPhone6で動画を回していて
帰りの飛行機でせっせと編集をした。

「この旅、なんだったんだろうね?」

そんな感想がふさわしい、何もない旅だった。
でも僕は、こんな意味の無い旅を
大好きな仲間と続けていられる、そんな人生を送りたい。