• このエントリーをはてなブックマークに追加
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旅とメディアとWebが好きなTABIPPOの2代目編集長候補を募集します

アメリカ横断からこんばんは!TABIPPOの創業編集長のルイスです。現在僕たちは、ロサンゼルスを出発して、マイアミの手前まで来ました。

お休みではなく、仕事でアメリカ横断ができるのはスポンサーやTABIPPOのメンバー、編集部の協力があってこそです。いつもありがとうございます。

2014年の創業以来、僕が編集長を務めてきましたが、2代目編集長候補を募集します! アメリカ横断よりも大きな企画をし、TABIPPOをもっと遠くまで連れて行ける方を探しています。

 

初代編集長の高齢化に伴い、2代目を募集します

TABIPPO.NETがリリースした時は、僕はまだ26歳でした。株式会社OPTを退職し、しみなお、しょうと一緒にTABIPPOを株式会社にした時に「ブログ好きだし、僕がメディアやるよ」と引き受けました。インターンも、ライターも誰もいない、たった一人の編集部です。

それから、ミカエルを始めとしたインターンが入社してくれて、少しずつ編集部としての形ができるようになりました。でも、あまりに僕が未熟なせいで思っていたような成果は出せず、インターンのみんなに残せたものはほとんどありません。

 

思い返せばマネージャー職も初めてて、ビジネスとしてメディアを運営することも初めてで、何もかもが足りない状況でついてきてくれた初期メンバーには感謝しています。

その後、旅するメガネや阿部まなみなどの、後のディレクター陣が入社。もう一度チーム作りを始めます。当初から大切にしていたことは、旅からブレないこと、先手を打つこと、仕組みを改善し続けることです。

 

TABIPPO編集部を運営する際に大切にしていること

旅からブレない

TABIPPOの目的の1つは旅する人を増やすことですから、メディアが大きくなっても旅からブレてはメディアを運営している意味が薄れます。例えば、アクセスする人が多い東京都内の情報ではなく、あえてアクセスする人が少ない南米やアフリカ、中東のコンテンツを作ろう!と判断することがありました。

先手を打つ

30歳を節目にもっと若い世代に編集長を引き継ぐことは大きな決断ですが、TABIPPO.NETは18~29歳の方が多く読んでいるメディアですので、代替わりができれば未来に対して大きく先手を打つことができます。

仕組みを改善する

リモートワーカーが多いチームですので、それぞれの意識や記憶に頼らずとも、シートやマニュアル、連絡網などのシステムで日々の活動を支えるようにしています。また、時間が経つとルールやマニュアル、シートばかりが多くなるので、2年目からは定期的に役割を終えたシステムは廃止して、ある程度の遊びを残すようにしました。

立ち上げがメインだったこれまでの3年間はご覧の方針で編集部は活動していましたが、これからの方針については2代目のもと、決めていくつもりです。さて、次は具体的に求める編集長像をご紹介します。