• このエントリーをはてなブックマークに追加
13239119_612788642218385_5710609865694813683_n
13239119_612788642218385_5710609865694813683_n

あなただけの、旅の記憶をカタチにしてみよう!

こんにちは、社内で1番旅に出る頻度の高いTABIPPOインターンのななです。

TABIPPOでは旅のモノ作りブランドPAS-POLの制作をしたり、最近はWebデザインのお仕事をやらせてもらったりと、今年は飛躍的なレベルアップを目指して日々HAPPYに働いています。と、いうよりは生きています。

ちなみに先週の木曜日は授業がないということで、社員さんと2人でベンツを飛ばして社長のいない社長の群馬の実家に泊まったり、新潟で美味しいご飯食べたり(仕事もしたり)、プチ旅をしてきました!詳しいその旅の様子はこちら!

そんな私ですが、今回はデザインの専門学校に通いながらインターンをしているということで、専門学校での作品をちょっぴり紹介しちゃいます!

あたなの大切な記憶は?

「鮮明なんだけどはっきり思い出せなくて、脳内に重なり合う曖昧な記憶」そんな記憶を、今回は「わたしの旅」にフォーカスしてカタチにしてみました。

「私の旅」ってそもそも?詳しくはこちら!

s_IMG_0900
(この箱は日本でのHAPPYな瞬間が詰まったもの)

テーマを旅にした理由は、同じクラスのみんな、私が旅をしてるのは知ってるけど、どんな旅なのかきっと知らなくて、単純にみんなに知ってもらいたかったから。

なので私の脳内に積もり溢れる、旅の記憶をテーマに。

s_IMG_0897
(この箱はインドネシア/バリでの記憶がぎっしり、自己表現がテーマなので自分が沢山)

薄暗い小さな箱を光に当てると、鮮やかな記憶が蘇る。
閃きのあの一瞬に似た記憶のリピート。

忘れちゃいけない、そもそもこれは課題なのです!

〈課題内容〉
「自分を表現する12cm×12cmの立方体を作りなさい。」という課題。いちようビジュアルの授業です。私は沢山考えた結果、自分の脳内の記憶を表現してみました。まずその箱を8等分に分割してたの私だけだったんだけどね。さすが自由人、発想力だけは負けません。いちよう集合させれば12cm×12cmの立方体になるしOKでしょ〜!という考え。

〈材料〉使った素材はOHPフィルムという家庭プリンターで印刷可能な透明のシートと自分の撮ってきた写真。デザイン学生なくせに絵を描くことが苦手なので写真を撮り始めたら見事にはまって今です。instagramはこちら!

s_IMG_0901

ノリも何も使わない折り方で折ると最終的に正方形になります!自分を表現する正方形ってどんな課題だよ!と思っていましたが、やり始めたら楽しい楽しい♪ひとつひとつの箱は、訪れたことのある国がテーマになっています。

s_IMG_0896

 

見てくれた人が手に取ってくれて、興味を持ってくれるまでがこの作品。

その行為までもが製作過程であり、実際にまだ完成はしていなくて(納得してない)制作途中。最近はPC上で何でも作業することが多くて、久しぶりに手を動かして作品を創り上げるのは楽しいなぁ〜と感じた課題。

デザインをやってて1番大切な気持ちなのに最近忘れちゃっていて、改めてこの課題をくれた先生に「ありがとう!」を伝えたいです。

モノをデザインすること

TABIPPOにジョインしたのは専門学生1年の19歳の冬、それまではデザインとかイマイチ分からなくて課題をこなすだけで精一杯の日々でした。でも、TABIPPOにクリエイティブ担当としてジョインしてみて、実際に制作したものが直ぐにWeb上に公開されたり、商品として全国のLOFTやハンズ、ビレバンに並んだり、そのモノを受け取る「受け手」へどんなことを感じてもらいたいか、凄く良く考えるようになりました。

未だにモノ作りやデザインで何が正しいかとか、分からないけど(正解はないと思うけど)、TABIPPOにジョインしてはっきりと変わった点があります。それは、仕事でも学校の課題でも自分が何かを創り上げる上で、「自分が本気で欲しい!」と思ったものしかつくらない!と強く思う気持ちです。これは社会に出たら色々あるかもしれないし、学生だからまだ分からないけど、デザイナーを目指す以上忘れちゃいけないものだと最近強く感じています。

どうせ生きるなら好きなことを好きなだけ!

これは今年の私の目標です、来月末は初めてのアフリカ大陸に行きます!さあ、そんな感じで5月病なんかに負けずに毎日楽しく生きてまーす!

最近は初めてのひとり旅の相談なんかも多くなってきました!何かあればご気軽にご連絡&オフィスに遊びに来てください♪

TwitterFBはこちら!

have good one!
Nana.

FH000020