• このエントリーをはてなブックマークに追加
te
te

新しい働き方のチャレンジ。もうすぐ1歳になる息子を連れて、全社合宿に参加した理由。

HOLA! TABIPPO唯一のお母さん、さちよ(@sachilenita)です。

先日、社員をはじめ全都市にいるインターン生も含めた全社合宿に、もうすぐ1歳になる息子のぺぽ(@peposuke)を連れて行って来ました。普通の会社では、なかなか子連れで会社のことを話す大事な場に子供を連れて行くということはほぼないと思います。けど今回連れて行ったのには、新しい働き方へのチャレンジでもありました。

IMG_0022

新しい働き方への挑戦

TABIPPOには社内制度があり、新しい働き方や生き方にチャレンジしていくためにある制度です。

スクリーンショット 2017-07-03 23.44.46

そのうちの一つ、「3ヶ月に1度の旅する合宿」。TABIPPOでも既に3回は行ったことのある、アジフライの美味しい千葉県の金谷へ行きました。

kanaya

TABIPPOには、「いろんな働き方を受け入れよう」という考えがあります。私のように子供がいる人、外国国籍の人、海外で仕事をする人、それぞれにとってのベストの働き方は異なります。

子供のお迎えがあるから、17時には帰宅しないといけない。宗教のためお祈りをする時間が1日2回ある。海外に住んでいるので、時差があるため時間をずらして働く必要がある。人それぞれ働きやすさは異なりますが。その中で、メンバーに合わせて働きやすい環境をお互いつくり、多様な働き方を受け入れて、いろんなタイプの人がTABIPPOでは働いていたらいいよね、という考えです。

合宿に子供を連れて行った理由

今回の合宿は、各地からインターン生も来るということもあり、日曜〜月曜の一泊二日の合宿でした。その合宿に参加するためには、育児をする私にとっていくつかハードルがあります。

・休日は保育園が休みなので、育児をする必要がある
・旦那さんに休みを申請してもらう必要がある
・夜は母乳がないとなかなか寝られない
・一日母乳をあげないと胸が張って痛くなる
・家で一人でお風呂を入れるのは大変

もちろん、事前に準備をしたり頑張れば息子を旦那さんに預け参加することは無理ではありません。ただ、これらのことを考えると合宿参加しにくいなーと悩むほど。そこに、「連れて行ってもいい」という選択肢があるだけで、子供がいる身としては合宿参加へのハードルもグッと下がります。

IMG_6792

TABIPPOの合宿は、座ってずっとPCで作業をする時間は少なく、チームの考えを共有したり、会社について意見を出し合う場なので、抱っこをしながらでも話し合いはできるので、今回は子連れ参加を決めました。

IMG_9915

学生チームがMTGをするのをのぞいているぺぽ。

社内のみんなにも愛されてます

会社の制度についてや、ミッションステートメントを各自考え、共有をするなど頭を使う場面もたくさん。途中泣き出してしまうこともありましたが、少しかまってあげるところっとご機嫌になったりするので、基本的には大人しくてしていてくれます。

IMG_6730

休憩時間やお昼を食べる時は、普段なかなか赤ちゃんと関わる機会がないみんなに、ぺぽ〜!と言って可愛がってもらいました。子供がいるだけで場は和むので、ぺぽがいることでみんなにも少しはいい時間を過ごしてもらえたかなと思います。

DSCF6610

DSCF6570

IMG_0019

恒例の写真撮影にも混ぜてもらいました

全社合宿では毎度集合写真を撮影しています。ぺぽも最年少メンバーとして一緒に写りました。しかも一番いいポジション。なのに下向いてる。笑

te

IMG_6814

働くお母さんとして

子連れで合宿に行き、いつもの2倍疲れましたが、すごくポシシティブな時間を過ごせたと思っています。働く女性として、子供がいることで仕事が今まで通りできなかったり、仕事復帰ができないなどの問題と解決していきたいです。こんな働き方もあるんだよと発信していき、父親の背中だけでなく、働く母親の姿も見て育って欲しいです。

そして、こんな働き方ができるのが私一人の頑張りだけでなく、旦那さん、社内のみんなの理解のおかげでもあるのでいつも感謝しています。

IMG_0018